フレイル予防事業

フレイル予防に関する知識普及・啓発やフレイルチェックを行います。

​《関連メニュー》

~ フレイルとは ~

フレイルとは、健常から要介護へ移行する中間の段階と言われています。

具体的には、加齢に伴い筋力が衰え、疲れやすくなり家に閉じこもりがちになるなど、年齢を重ねたことで生じやすい衰え全般を指しています。

脳疾患などの疾病や転倒などの事故により、健常な状態から突然要介護状態に移行することもありますが、高齢者の多くの場合、フレイルの時期を経て、徐々に要介護状態に陥ると考えられています。

金沢・健康を守る市民の会 事務局

〒920-0912

石川県金沢市大手町3番23号

 金沢健康プラザ大手町西館内

TEL 076-222-0103(代表)

FAX 076-222-4366

 

​おうち時間を楽しく健康に過ごす知恵 「おうちえ」

「おうちえ」では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため外出自粛要請がある中で、おうち時間を楽しく健康に過ごす知恵が紹介されています。筋力低下やフレイル(虚弱)の予防にお役立てください。

→「おうちえ」 東京大学 高齢社会総合研究機構(IOG)

フレイルサポーター養成講座

平成30年10月23日(火)、24日(水)の2日間、計6時間の養成講座を受講した16名の「フレイルサポーター(第1期生)」が誕生しました。

また、平成31年3月13日(水)、14日(木)の養成講座の後には18名の「フレイルサポーター(第2期生)」が誕生しました。

フレイルサポーターとは、市民自らがフレイル予防に取り組むための市民ボランティアです。

今後、フレイルサポーターが中心となり、「フレイルチェック」を行います。

フレイルチェックでは、市民が早期のフレイルの兆候に気付き、適切な対処につなげることを目指しています。

フレイルチェック

フレイルチェックでは、フレイルサポーターが中心となり、参加者とともに楽しみながら現在の心身の状態を確認していきます。

チェックの結果を生活の改善などに活かし、6か月毎に再びフレイルチェックを行うことで、その成果の確認を継続して行う予定です。

【今後の予定】

今後の予定は未定です。

フレイルチェックは約半年ごとに定期的に受けていただくことが望ましいです。

※詳細は、事務局までお問合せください。

【フレイルチェックを受けてみませんか】

各地域の「集いの場」へフレイルサポーターが出向き、フレイルチェックを行います。

フレイルチェックを受けてみたいという団体・グループの方は、お問合せください。

対象・要件等

65歳以上の金沢市民が概ね10人以上参加する団体・グループ。
概ね6か月毎にフレイルチェックを実施できること。
※1回のフレイルチェックにつき、約2時間かかります。

​フレイル予防講座

フレイルチェックを受けた方を対象に、フレイルトレーナー等による運動や栄養・口腔などの

​講座を月1回行っています。

new!!

公益財団法人  金沢健康福祉財団

〒920-0912

石川県金沢市大手町3番23号 西館2階

TEL 076-222-0102(代表)

FAX 076-222-4366